TeamSuite Times

チームの時間を見える化するリアルタイム日報共有ツール

TeamSuite Timesとは

メンバーの業務状況と作業の記録共有を行い、テレワーク時代の見えないを解消するリアルタイム日報共有ツールです


部下やメンバーの状況、見えてますか?

仕事 が見えない
いつ出勤、休憩、退勤しているか?部下や同僚が今何をしているのかが見えない
成果 が見えない
どんなタスクに時間をかけているのか?テレワークでの個人ごとの成果が見えない
問題 が見えない
部下が何に困っていて、忙しそうだが何で忙しいのが見えず、長時間勤務になってしまっている


TeamSuite Timesの特徴

入力のしやすさを追求したUI

チームの状況を共有するチームビュー

各種レポート機能

電話などの差し込み作業や、並行で進める作業も簡単に記録。作業ログ入力者のタスクを妨げません。

「今何してる?」「相談しても大丈夫かな?」
チームメンバーの業務状況もすぐに把握できます。

メンバーに大きな負担をかけることなく各種レポートを作成。業務分析や1on1の面談への活用も可能


活用のメリット

従業員のメリット

  • タスク・時間を意識して計画的な就業ができる
  • 状況が見えるため相談もしやすくなる
  • 簡単入力で一瞬で日報を作成することができる
  • 自分の仕事を見てもらえるから長時間労働を予防できる

マネージャーのメリット

  • 従業員の業務状況をリアルタイムに把握
  • プロジェクト別、個人別、チーム別の生産性を可視化できる
  • 働かせ過ぎやサービス残業の抑制に
  • プロジェクトや顧客対応時間の把握

タスクログの見える化による活用シーン

顧客プロジェクトの見える化
プロジェクト毎でタスクを記録。売上の良い顧客だと思っていたが、実は赤字だった
# 損益診断
教育研修の効果測定
投資タスクとして、教育研修時間を1割設けたところ、タスクの所要時間が20%改善した
# 継続判断
社内業務実態の見える化
業務のほとんどがシステム間のデータのダウンロードとアップロードに半日を費やしていた。
# RPA診断
IT投資効果の見える化
新しいツールを投入したう部門では、タスク時間が短縮し新しいタスクを増やすことができた。
#ROI分析
成長阻害要因の見える化
営業部で最も時間を使っていたのは顧客とのコミュニケーションではなく、社内会議だった
# 無駄な会議
間接部門効率化の見える化
間接部門が積極的な業務改善を繰り返し半年前より30%程度の業務改善を行った
#間接部門の生産性分析

導入事例